製品情報

木製ガレージドアの魅力

「木の存在感」が、家の重厚感を演出します

イメージ「木は自然の恵み」。
自然の優しさ、そして気品が漂う木製ガレージドアは、
家の大きなアクセントとなります。

木製ガレージドアは、木を大切に丁寧に製作したガレージドアです。だから、どのような住宅にも調和し、高級感を演出し、見る人に語りかけてきます。その気品や存在感は、全ての人を満足させます。

 

「木の高級感が家に風格を生みだします

イメージ「木は美しい」。
その木目の美しさを家の前面に表現できるのは、
木製ガレージドアだけです。

木の美しさ。それは、長い自然の営みを表現したものです。見た目にはやさしく、肌触りも適度なやわらかさがあります。ガレージドアは、愛車と共に、毎日の生活の入り口にあたるものです。その出入りに、心地よさを与えることができるのは、木製ガレージドアだけです。

 

「木の断熱性」があなたの愛車を守ります

イメージ「木は熱を通さない」。
優れた断熱性能がある木は、気密性の高さと共に、
優れたガレージ空間をつくります。

木には、フライパンの柄や熱い味噌汁のおわんに使われるように、熱を通しにくいという特徴があります。また、木を触ったときに、木のぬくもりを感じるのも、木が手から熱をうばわないという特性からです。金庫の内部に、桐の木が使われるのも、同じく外の熱を伝わらせない工夫です。
外の気候変化を感じさせないガレージ空間を演出できるのは、木製ガレージドアだけです。木製ガレージドアが、あなたの愛車を守ります。

 

「木の保湿性」が、ガレージの快適さを守ります

イメージ「木は呼吸します」。
その快適性が、あなたの愛車を優しく包みこみます。

木は、調湿という空気中の水分を調整する機能があります。たとえ、夜間に温度が下がり高湿度になりそうなときは、水分を吸い、昼間温度が上がり、低湿になりそうな時は、水分を排出します。木製ガレージドアが、あなたの愛車を守ります。

 

 

「木の遮音性」がプライベート空間を守ります

イメージ「木は音や震動を吸収します」。
ガレージの深夜早朝の開閉も、驚くほど静かです。

ガレージは、大人の作業場です。ついつい夜遅くまで、愛車の手入れをすることもあります。その時に助かるのが、木の優れた遮音性と震動吸収特性です。
また、開閉時のアクションも、驚くほど静かであり、早朝や深夜の外出や帰宅にも、安心です。

 

 

「木の温かさ」が、愛車と人に安らぎを与えます

イメージ「木は安らぎがある」。
いつまでもいたくなるガレージは、
愛車と共に、もう一つの誇りです。

木を見るだけで、心がなごみ、安らぎを感じ、快適に感じられます。木には、木目等の見る楽しみ、やわらかさを肌で感じる触る楽しみ、そして、人を落ち着かせる香りもあります。住宅でも、木の色の割合が多いと、自然で温かいイメージが増します。木製ガレージドアが、上質な空間を演出します。

▲ページのトップへ